社会保険加入と共に大切な建設業許可とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]

社会保険加入と合わせて手続きをしておくことをおすすめしたい「建設業許可」における、許可の種類と業種区分についてご説明したいと思います。



請け負う工事の金額や延べ床の面積で必要になる建設業許可

ご存知のとおり、ある一定規模以上の建設工事を行うには、建設業許可が必要な場合があります。まず、建築一式工事については1件の請負金額が1,500万円以上の工事または延べ床面積が150㎡以上の木造住宅工事。次に、建築一式以外の建設工事については、500万円以上の工事で建設業の許可が必要になるとされています。このように受注金額や延べ床の広さによって明確に区切られています。なお、それ以下の工事は許可なしで請け負うことが可能です。




発注する金額が一定以上になると必要になる特定建設業許可

元請業者が下請け業者などに直接工事を発注する場合(孫請けを除く)、一件の工事について、その発注金額が建築一式工事4,500万円、建築一式工事以外3,000万円を超える場合は「特定建設業」の許可が必要となります。元請業者以外が下請け業者に発注する場合は必要ありません。



建設業許可の工事の種類、業種区分について

工事は、大きく分けて一式工事と専門工事の2種類があります。一式工事とは、わかりやすくいえば2つ以上の専門工事が組み合わさっているような総合的な工事で橋やダムなどの土木一式、新築住宅の建築一式があります。専門工事は、大工、左官、とび・土工・コンクリート、石、屋根、電気、管、タイル・レンガ・ブロック、鋼構造物、鉄筋、舗装、しゅんせつ、板金、ガラス、塗装、防水、内装仕上、機械器具設置、熱絶縁、電気通信、造園、さく井、建具、水道施設、消防施設、清掃施設があります。なお、建築一式の許可を持っている業者が、リフォーム工事を500万円以上で請け負う場合は、内装仕上の許可が必要になります。また、解体工事業の新設も決まっており、今後施行される予定です。とび・土工・コンクリートを取得されていれば経過措置でその許可をもって解体工事業を営めます。



いかがだったでしょうか? 建設業許可は請負金額や規模によって許可が必要となります。行政への許可申請となりますので多少お時間を要します。早め早めの対応をおすすめします。建設業許可をはじめ、社会保険、健康保険加入のご相談も受けておりますので、お気軽にご相談ください。少しでも、お力になれると嬉しく思います。







社会保険加入、健康保険加入、建設業許可を代行
お気軽にご相談ください

社会保険加入、健康保険加入の流れ   お客様の声



社会保険労務士、行政書士への無料相談   社会保険加入のお申し込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 建設業許可を取りたい。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

行政書士の会社設立、社会保険労務士の助成金、労働保険加入にも対応




社会保険加入、建設業許可のお申し込み

社会保険労務士、行政書士業務のお申込

申請・変更の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。



社会保険加入、建設業許可のご相談

行政書士、社会保険労務士へのご相談

申請・変更に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




社会保険加入、建設業許可の業務対応地域ご案内

対面しての社会保険加入、健康保険加入、変更手続き、、建設業許可業務は札幌市、北海道内に対応( 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市 旭川市 帯広市 釧路市 函館市など)、当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。


社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ