建設業許可更新で気をつけるべきこととは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]

取得するために大変な思いをされた建設業許可もご存知のとおり期限があります。今回は、その有効期間と更新手続きに関して気をつけていただきたいこと、新規許可申請と同じように建設業許可更新申請も大変な手続きであることなどを説明していきたいと思います。




建設業許可更新における申請手続きの期限に注意!

建設業の許可には有効期間があります。有効期間は5年となっています。厳密に言えば、許可のあった日から5年目に該当する日の前日が期限です。その後も継続して建設業を営みたい場合は許可満了となる日の30日前までに、更新手続きをする必要があります。


この期限日は行政関係ではめずらしく土日祝日も例外なくその日をもって満了となります。その日が土日祝日だから直後の所管行政庁が開庁する日に提出すれば足りるということではありませんのでご注意ください。建設業に至っては顧客への影響や会社存続の問題にもかかわってくるためギリギリに提出するのではなく、余裕をもって更新手続きを行うことをおすすめします。




更新手続をしたのに期間が満了しても認可がおりない場合は?

期間満了となる日の30日前までにきちんと建設業許可の更新手続きを完了さえしていれば、前回の建設業許可の有効期間が終わってしまっても所管行政庁から許可または不許可の処分がはっきり明示されてくるまでは前回の許可が継続した扱いとなります。そのため営業や工事には影響しないものだと考えます。




建設業許可更新の手続書類はどうなっているの?

新規で建設業許可を申請したときは経営者の方が自分でされた場合など、その大変さはご存知だと思いますが、更新手続きも同じように、申請書類の作成の手間と添付書類の収集、とりまとめは大変な作業となっています。更新手続きで不要になるのは「工事経歴書」や「直前3年の各営業年度における工事施工金額」、「使用人数」、「国家資格者・監理技術者一覧表」などで一部です。通常業務と並行しての更新手続きの準備は大変だと思われます。そのため、行政書士に依頼をして更新手続きを行われる建設業者の方も多いのです。



 建設業許可の更新手続きは新規同様、申請書作成が煩雑で添付書類収集には手間がかかります。また新規・更新いずれも「健康保険・雇用保険等の加入状況」として健康保険や厚生年金、雇用保険の加入確認書類の提示を求められますので、万が一ですが、未加入の場合などは、申請の際に社会保険加入状況の把握、対策をされることをおすすめします。






社会保険加入、健康保険加入、建設業許可を代行
お気軽にご相談ください

社会保険加入、健康保険加入の流れ   お客様の声



社会保険労務士、行政書士への無料相談   社会保険加入のお申し込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 建設業許可を取りたい。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

行政書士の会社設立、社会保険労務士の助成金、労働保険加入にも対応




社会保険加入、建設業許可のお申し込み

社会保険労務士、行政書士業務のお申込

申請・変更の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。



社会保険加入、建設業許可のご相談

行政書士、社会保険労務士へのご相談

申請・変更に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




社会保険加入、建設業許可の業務対応地域ご案内

対面しての社会保険加入、健康保険加入、変更手続き、、建設業許可業務は札幌市、北海道内に対応( 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市 旭川市 帯広市 釧路市 函館市など)、当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。


社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ